明 治 用 水
 頭首工堰堤  昭和33年3月完成
. 重力式堰堤   全長    167m
    最大取水量   毎秒 農業用水 36.93t
        .   上水道     1.23t
        .    工業用水  .  4.02t 
.
水源地 頭首工堰  建設地    愛知県豊田市水源町
表紙え ....受益市     安城市 岡崎市 刈谷市 
            高浜市 知立市 豊田市 
      
...西尾市 碧南市 .....
.
...1 台地と弥厚 2後継者と開削 3  頭首工の改修 ...4 汚染と管水路 .5 環境整備
  安城が原  後継者と出願   頭首工改良1   水の改修   地上部の整備
  水争い  障害   隔番配水   用水汚染   圃場の整備
  計画と挫折  水源取入れ口   頭首工改良2   地下管水路   明治川神社
 配水   住宅地の水路   涵養林
1 台地と弥厚
. 安城ヶ原
 昭和30年代に当時国鉄東海道線の車窓から 野井戸の撥釣瓶や踏
 み車水車の竿が林立する する風景が見えて古めいた田園風景に
 出会えた楽しさから次回からも席を選んだのを思い出します 
 車窓からはほんの僅かの区間だったことでもあり地名も分からなか
 ったのですが 今それが安城だったと話せるようになりました
はねつるべ
最近になって 市が1979年発行の 明治用水百年史を20何年振りにつまみ読みして この地の先覚者た
ちの情熱を知り 明治、大正、昭和 と用水を育て続けてきた関係者の純粋さを教えられました
ひるがえって現在 この地の人たちに 日本デンマーク を話 す人はあっても 明治用水の歴史を話す
人はありません この地では何処え行くにも1~数箇所の地下用水路を渡り越している事実と 圃場、路地
で見える水の多くは明治用水であることをおとぎばなしや昔話しのようにでも伝えられればと思います
これは まったく過去の話ではありません 用水路の管理 改善 の作業は今も続いているのです
水争い
黒い点が溜池です この地方は碧海台地と呼ばれ、不毛の台地と言われたが、 台地の原野は入
会地で 農民達の草刈り場として低木と共に薪炭・草肥・秣(まぐさ 牛馬の
飼料)の供給地であり自生物を利用の供給地であり自生物を利用すること
でかなりの生活範囲の支えになつていました
..............入会地(いりあい地とは特定の人が自由に出来る区域.
この台地の間を流れる小河川沿いに、僅かな水田が開かれ、集落が発生して
いたが小河川の水量では足りず、農民は湧き水の利用や 溜池作りを保水
手段としながら荒地を開墾して除々に水田を広げました。いづれも水量が少
ないことから池の数が増え続け、解消しない水不足から、水争いだけが多く
なりました
1ヘクタール以上の大きさの溜池は84箇所それ以下は無数です。
のちに 農民は耕地に井戸を掘って補水に当て 早朝から日没後まで撥ね釣瓶で汲み上げて田桶(たご 
たんご)で運んだり、低い溝の水は踏み車で掬い上げたり、日日水による重労働に忙殺されていました。
その中でも、一番井戸の多いのは台地中央の安城村で 400町歩の耕地に3700箇所もあり撥ね釣瓶の
柱と踏み車の棹を加えて、まさに林立していたのです。 
お父さんの顔を知らない と言う子が あちこちにいました。
   あの子 どこの子 アンジョの子 うちのトッツァンの 顔知らぬ    安城西尾の歴史より
池分布図の中央あたりの大きな黒点は上倉池といい一番大きな池です52ヘクタール右の縦の線は
旧東海道です 東海道と上倉池がくっ付いたところに明治川神社が建立されています
図の右側が北です  現在はこの池の上を名鉄電車や国道1号線が通っています 町名では 今池町 
東栄町で上倉の地名もあります
当時は、耕地面積は1200町歩で、ため池の面積が488町歩もあり、 耕地には池と井戸がつきものでした
     3000坪は10段 は1町歩は1ヘクタールは1万平方mは100m×100mの面積
忙しかったのは亭主ばかりではありません。
   嫁にやるなら 安城にやるな ひがな一日野良仕事
安城に限った事ではないですが、それにしても安城の嫁は働き者が多かったのです。
姑が家事や子育て 孫育て をやることで、嫁は夜が明けると野良仕事に出て行き、たまに仕事が早く片
付くことがあっても 明るい間は家に帰りづらいのです。 自分の長女が10歳前から家事を仕込まれ、
小学校を卒業すると もう一人前に家事が出来ます、結局 嫁は農事のべテランにはなりましたが、台所
知らずのままです
計画と挫折 .
都築弥厚とゆう人は 和泉村で生まれ根崎の代官支配の実務を行
う役を努め地主で酒造を営む富豪でした   
常々農民の貧困を憂い水利の乏しい台地に矢作川を水源とする用水
を台地に導く計画を持っていました
これにより 新田5千町歩を開墾し 5万石の収益を目指す遠大な計
画です ちなみに隣の岡崎藩の知行高は5万石でした 
喜平と弥厚    
高棚村の住人で 算学(数学)の大家である 石川喜平に協力を依頼して測量を始めましたこの台地は
生産性に乏しいのですが 大小の大名領や旗本の知行地が絡むように入り組んでいる所です
当時は二つ以上の領主の異なる土地を開発工事 するには幕府の許可が必要で 開発後は天領に組
み入れられる つまり幕府の直轄地として取られてしまうので領主は土地を取られるだけで利益はなく 
国益を理解するが己が損害は御免こうむる と測量に反対しました 
.
農民は入会地がなくなることで生活が苦しくなる 矢作川を導入するで そのあたりが洪水になると反
対したのです その各領地を縦貫して用水路を開こうと言う案です 弥厚は懸命に説得にあたりまし 
たが効果はありません
喜平は 越戸 名鉄現三河線越戸駅の東 の取水口から上倉池 (名鉄本線新安城駅の南) を経て安城 
村 桜井村から米津村に通じるラインと 上倉池で分岐し篠目村. 半城土村から吉浜村に通じるラインを
自然の地形で流すための測量をはじめましたが 領主に踊らされた農民の妨害にあって日中の測量は 
できず夜ひそかに測量する等苦難のすえ 着手以来5年後の文政9年1826年に工事費をはじめ諸条件
の調査も完了して 翌10年依然反対の多い中で 弥厚は子の都築弥四郎の名前で幕府勘定奉行に 
三河国碧海郡新開一件願書  を提出しました
.
.弥厚願書の骨子
 1.矢作川の水を越戸で取水し乏水性の碧海台地を潤す
 2.新開予定面積 4200町歩 米5万石の増収図る
 3.不毛の地を開くことは国益であ
 4.干害と貧窮に悩む農民の救済になる
 5.開発に要する経費は自費 用水路一式だけの費用は幕府から拝借金とする
 6.開発には尾張の農民を招致する.
この願書の重厚さは 有名学者による測量であり それに元ずく経費の算出があり 私利私欲でなく
一私人の着想としとては例にない壮大さにある と言っても過言ではないし 尾張の地方で農民が余っ
ていると見た 弥厚の視野の広さも伺えます
願書に記載したようだが都築家三代に亘り諸人の喜ぶことを絶えず心がけてきたとの救済・救世の精神
からの行動です さらに幕府が受け入れ易くする策としは 3.の国益の項でしょう 台地は領主の交差
する土地なので 工事後は莫大な幕府領が当然と出来ることです 
台地の領主達の反対もこの件が大部分を占めます
農民を扇動しての反対には弥厚の説得力の限界を超えていました
天保4年 1833年4月幕府は弥四郎の開削計画を許可したのですが 領主たちの説得に無理をしたのか
弥厚は同年9月 2万5000両余 (1両で米1石 昭和51年~53年平均に換算すると10億円余)の借財を残
して亡くなりました    弥厚69歳
なおつづく 領主農民の反対と相俟って 天保6年 1835年 4月 弥四郎は願書を取り下げこの計画は
挫折しました
喜平は測量器具もなく暗夜では目視もできず火縄を利用したり 困難に耐えながら5年間もかけて完成
させたことは 弥厚に劣らぬ気骨と努力の結果の功績であり 後世に伝えられる有形の偉業に他ならな
いのです
この人も用水のために資産財産を使い果たし 悲惨と言われる生涯となりました
喜平が使用した 測量器具 木製の見盤       知ってる安城より
.
見盤の上部には十二支が刻まれ磁石も埋め込まれています 取り付けられた
小さい2本の角材には中心に小穴が明けられて これにより目標方向を視準し
磁石によつて方位を読み取ったと思われ金属製の測量機器が出現する以前に
地方で使用した木製見盤です
標高差は水源地から 東井筋 米津橋まで25m 中井筋 高浜は28m 標高
差だけの水圧で流します.
.
都築一門に残された借財の債権者は 紀州藩 900両を始め鴻池太四郎・天野屋利兵衛・大阪の富豪や
名古屋・三河の富商であった 都築家と協力者の1万両と都築家の屋敷家屋の一切が返済にあてられ 
三河随一の財産を誇った都築家もここで破産し 弥四郎は仏門に入り母は親類に預けられ 一家は離散
にいたったのです   
   弥厚きつねにだまされて 川は掘れども 水はこんこん
これは揶揄だけではありません 水が来るのを期待していた人たちの はらのうちでもあります
後継者と開削
1 台地と弥厚 3 頭首口の改修 4 汚染と管水路 5 環境整備 先頭に戻る
後継者と出願

岡本兵松は回船問屋と醸造業を営み その利益は1000両を超え帯刀を許される
大事業家でした 
隠居して百姓になり 弥厚の末裔の都築増太郎から土地を買受けました
相変わらずの干害に悩んだあげく 安定した水利の開削を考えるようになり
増太郎と話合って 干害をなくするには弥厚の目論見以外にないとして弥厚の計画を
受け継ぐために 城ケ入村の榊原某から計画書を入手し開削を決意したのです
伊予田と岡本
.岡本兵松は 元治元年1864年には開削計画を立て明治元年 1868年新政府になったばかりの京都民
政局に数度にわたって 水路計画願書 を提出したのですが取り上げられず 行政組織の改革で豊橋
裁判所 三河県役所 伊那県足助支庁 と新設と廃止を繰り返す行政の変更ごとに願書を提出し再提 
出や伺い書と何度となく談合しますが許可はされません 
足助支庁の時に 役人から弥厚の目論見より矢作川の川底が5尺約1,5m高くなったことを知らされたこ
とは成果でした
やがて また三河一帯が額田県となり 計画書を出願したところ 阿弥陀堂村(豊田市畝部西町)の
伊予田与八郎 (矢作川以西37カ村の1万1000石を采配する大庄屋)から 七か村悪水祓御願書が提出
されており 県は同じ計画だとして双方とも取り上げません
 .
伊予田の悪水祓書は 七か村は矢作川に接近した
ところの低地で元々水害が多かったが 
矢作川の川底が高くなったために農地の水が排水
しなくなり 作物は降雨の度に水害で収穫できない 
状態でした
その低地の水を三河台地から衣浦港に落とすことで三河台地の利にもなる と言う主旨のものです
岡本は両者の計画の違いと用水の必要性を数度にわたって懇願し 実地検分を願い出たが
またもや行政改革で 明治5年1872年11月 額田郡は愛知県に合併したことで折衝相手がいなくなり 
翌明治6年に愛知県へ用水開削の伺い書を提出しました
愛知県側は両者の合併を強く迫り合併がない限り受理しないとの方針を出したので 両者は不本意なが
ら受け入れることになりました 明治7年3月予定地全部の測量が行はれた その結果与八郎の計画に
無理があり 悪水と用水を兼ねることが不可能なことが判明しまし たとえ出来たとしても莫大な経費
になることが分かり 与八郎はやむなく悪水計画を断念して県の強い進めに従い用水開削に合流しました
明治8年 1875年 岡本と伊与田は
用水路掘割溜池不毛地開拓再願書 と出資者名を 県令 鷲尾隆聚 (たかあつ) 宛てに提出しました
.
障 害
伊与田 岡本が計画を進める過程に三つの障害がありました その一農民の説得 その二資金の調達  
その三 県官との交渉 三者はいずれも難物で 弥厚が挫折に追い込まれた説得は 主として岡本が 
当り 伊与田は資金調達にあたりました 
岡本の説得は意外とスムーズに受け入れられ その昔 莚旗を押し立て神楽山一揆まで発展させた農
民の抵抗は今はありません
新政府下では複雑な支配関係がなくなり 郡長等の根回しもあった事でしょうが 農民は開削を歓迎しま
した
今に続く水争いの反省や 40年以前に用水導入の機会を失った後悔に臍を噛んだ農民も大勢でした
伊予田の資金調達は困難を極めました 
明治11年(1878年)の工事見積もりは 7万5千740円です その内の1万5千円は用水の受益村が拠出し
あとの6万740円の金策に 近辺の富豪 豪商は言うに及ばず 近江滋賀県や伊勢方面の富豪を訪ね 
旧岡崎藩主 旧沼津藩主と東奔西走したが効果はありません その頃の伊予田の心境は前途に希望を 
失い途方にくれて との記述があるようです  出願当時出資を約束した3人の内2人が商売上の手違い
を理由に出資者から脱退しました 1人になった出資者 田中勘七郎はどのように経費がかさんでも出費
続けると言い 伊予田を元気付けたそうです
金策に行き詰ると 県庁から用水の事業は公益性が大きいので 県の事業に差し出せと再三迫りますが  
岡本 伊予田は最初から 民営事業として運動しきたので 県の方針を受け入れません 状況が切羽詰
ってくると仲間内から 県に渡そうと言う者も出ましたが 伊予田は聞き入れず たとえ一命終わるとも  
今一層奮励して と差出しを拒否し続けました 
伊予田の努力で 一年後に3万円の調達ができました 田中勘七郎 本田兵三郎 中根 祐 3氏の出資です 
3万円の調達ができたところで計画を縮小して 水路巾3間を2間巾にして試掘を始めようと 明治11年
1878年3月 試掘願い を提出し許可されました 
ところが縮小を不満とする県官 黒川治愿(はるよしが)3万円で水源(豊田市水源町から東海道まで)の開削
を行い東海道以南の工事は県費でやると申し入れてきたのです 県官と出資者が激論し双方席をけったが   
伊予田は 和解しない限り計画が水泡に帰す と判断して県官黒川に詫びて その場の危機を乗り越えました 
さらに努力の末に 海部郡の大地主加藤太兵衛とその弟の黒宮許三郎の二人が出資を約束してくれました
明治11年 1878年 9月の 割当経費金主約定書 によると 田中勘七郎が5割 加藤太兵衛が2割5分 本田
兵三郎と 黒宮許三郎が1割づつ 中根 祐 5分 と決まり 後に木藤八三郎が加わるとあります
出資金の見返りは 用水後に不要になる溜池の土地の分配です
開削工事は 計画と資金は民間で工事は県庁主導 で進みますが 交渉に当たった伊予田の苦心は大きく
忍耐の賜物とさらに大きく評価されました
出資者6人で集めた約6万円は 現行昭和50年ごろでは 10億円に相当する 
開 削
岡本の原案
岡本は 今村 水源町 で取水し藤井村 米津橋の東 の矢作川に落
とすことにした 最初は油ゲ淵に流す案であったが 水害の多い
この地の農民が反対したので淵を避けるルートにした
.
.
.
伊与田の原案
伊与田は 阿弥陀堂 現天神橋付近 の低地の水を高浜村 高浜市
の衣浦港に排水するルートです
.
.
.
.
施された井筋実施図
3井筋で 上が西井筋で現広美町で分水して知立市の牛田町から
刈谷市南部の浜町へ
中井筋は 安城市今池町曲尺手で分水し三河安城駅を経て高浜港へ 
東井筋は 安城市役所を経て南高校から 米津橋東の矢作川に通す
.
.
.工事は 明治12年 1879 1月に着工されまさに昼夜兼行で行われ 人夫は一日4食分の弁当持参です 
工賃は 米が7.5kg買える金額 昭和50年頃の米価で約3500円 この金額は当時としては非常に高く人夫
達が喜んで集まりました 工事が始まると県の役人が全て采配して 岡本 伊与田や出資者は 事務員ぐ
らいの扱かいです 
水路は岡本 伊与田の計画を参考にするものの勝手に変更し 3間巾を4間巾(7.2m) にかえ工事に係わる 
地主との約定も無視し 替わりに村の有力者を 新用水開削世話係 に任命したり 各村の代表を選出し 
て水の配分に当たらす等 県の方針だけで進めました
それでも工事は急ピッチで進み その年の3月には 取水口から 現明治川神社付近まで掘られました
この間を本流と呼び 11.5kmの距離です
工事用の道具と言えば 土を掘る鍬(くわ)
と土を運ぶもっこ 縄で編んだ籠 だけで
今思いつく機械は一切あり.ません 
豊田南部の低地を通すのは土を高く盛り
現明治川神社前と もっこ と鍬  上げてその上に7.2mの水路を造るので
  .  すが 堤防の工事は至難だったと言は
れています
3月に 人夫達は自家の農事をするために一時工事は中断し秋から再開することに決まりました
同年 明治12年 9月 県は東井筋 12月に中井筋の測量を終え 13年1月東井筋と中井筋の工事を始め
5月には開削を完了し 配水も始めました
.
. 明治12年 1879 今村字萱野 豊田市 に造られた 
水源取入口の想像図です 
導水堤は 当初は長さ1054m巾が13mの大きさの堰堤
でした コンクリートのない時代だっので 小石 と粗朶
小枝で 沈床工事をして その上に割り石を積み上げ
丸太の杭を打ち込み固定したものです 導水堤も同じ
工法です
最初の水源取入口
台地の開墾が進み 排水量が増えるに連れて導水堤を上流に伸ばし図の長さになりました 
船通しは明治17年 1884 に追加された この船の通路は閉鎖されます 
用水の樋門は3箇所に造られました 第1は取入口ですがこれは洪水のときは締め切って水が水路に入
らないようにしたものです 第2樋門は 1km下流に設けました この樋門の手前には第1樋門が洪水で
破壊された時に矢作川に放流する水捨樋が設けてあります 第3樋門は更に500m下流に設けました 
矢作川は洪水が多いので それを防御する施設も必要だったのです
.
配 水
初めて用水路に配水された時は 農民達が待ち受けていて ゆっくりと水が進んでくるのが見えると 
小躍りで 万歳を叫ぶ人や にわかに涙を流す人もあつたようです 水の苦労が身にしみた人達の感慨
でしょう
成業式は それよりも1ヶ月早い4月18日に水源付近で 華々しく行われ 主賓に内務卿 松方正
愛知県令をはじめ 岐阜 静岡 三重の県令 碧海郡長 各町村長ら数百名 岡本 伊与田も招待さ
れて参列しました
まず岡本兵松が 金主 願人を代表して祝辞を述べたのです 後日岡本は高官参列の前で祝辞を読む
光栄を感謝したと言っていたそうです
政府代表の松方は 「富国の途(みち)は水利にあり」 として官民共同の労をねぎらい 新たに10万石以上
の大名ができたに等しい と評価して本流から中井筋を船上から巡視しました 
翌6年には大蔵卿 農務省大輔も巡視にきました 
明治14年1881年2月 西井筋完成 明治用水 の名は明治14年9月国貞県令によって命名され 明治を
代表する大事業との心です この年計画者 出資者に規定の報償が支払われて 以後用水との関係は
断たれました 
報償はため池敷地と原野の一部と配水料の中から14.000円 県有金から10.000円が送られました 
岡本も伊与田も報奨金では借財の処理にもならず 家屋も屋敷も手放し 岡本は近所の子を教育 
したり 夫人は駄菓子屋を営み生計を立てました  
伊与田は家屋 屋敷抵当に取られ住むに困る状態のところ 
明治16年1883年岡本と一緒に 藍綬褒章 をうけて明治22年11月 後にできる 明治川神社の祠掌に選  
ばれ多くの農民から尊敬を集めて余生を送りました
二人が 都築弥厚 石川喜平よりも よかったと言えるのは 水路に水が通り あたり一面の青田を見
ことができたことでしょう  
    行く川に 青田の風や 村続き      
    ふりかえり 見るや尾花に 招かれて
.岡本の作です
内務卿 内務省の長官  県令 県知事  郡長 県の次の行政区画の長  大輔(たゆう・だいふ)
長官と次官の間の位  
弥厚が用水開削計画を始めたのは 文化5年 1808年といわれ72年目の実現です 
願書提出より53年目になります
.このページのトップへ
3 頭首工の改修
1 台地と弥厚 2 後継者と開削 4 汚染と管水路 4 汚染と管水路 先頭に戻る
頭首工改良1
. 矢作川の 水利の争いは種々あったようで 県知事は収拾策として導水堤を短くする改築を命じました
既存の長く突き出した導水堤を1200mほど切り取り 残る384mの先端付近で矢作川を横断する堰堤の設
置を許可しました 
この堰堤により 矢作川の水量のすべてを用水に取り込むことが可能となるものでした
このことについての下流からの苦情はありません 下流のほとんどが天井川になっていて洪水を恐れて
いたので 水量が少なくなることの方を却って喜んだそうです
明治34年(1901)2月 人工石による 矢作川横断堰堤の工事を始めて 同12月完成しました
旧人工石頭首工. 平常時は水門を閉めて用水に流す 増水時は水門を開放して本流に排水する
この工事を請け負ったのは 碧海郡新川町(現碧南市)の服部長七で 人工石(長七たたき)を発明し築港
技師として各地で築港や改修の工事を完成させた人です    
工期は5月末までの3ヶ月間の予定でしたが 川の増水で再三崩され300人居った作業者も自家の仕事の
ために来れなくなったり ようやく出来たのは12月になりました
工事完成の翌35年6月には西側の22mが崩れ 36年7月にも1部が崩れ 復旧・補強の大工事が必要となり
ました 同39年(1906)東側に船通し閘門を設置 42年1部改築を行い 一連の取入口施設の整備が終わり
ました当時としては 漏水のない堰堤ができて一安心とゆうところですが これもすぐに漏水が始まり 
詰め物で補ってきましたが 14年後の大正4年(1915)コンクリートの補助璧を作る等 3年かかりの補修をし
老化をしのいでいました
.
人工石「長七たたき」とは土と石灰とにがりと砂利を混ぜ合わせて わずかな水を加えて木片でたたき固
めた「三和土」(漆喰 しっくい)で セメントが出来る以前に構築物に使われた建設材です 水流磨耗を防
ぐために表面に花崗岩を貼り付けました 
三和土はその後 住宅の土間によく使われたところから 土間の事をk.たたき とも言うようになりました
.
人工石の旧堰堤     導水堤と新旧頭首工
導水堤最長1647mもあったのだが横断堰の時に400mに縮めた今
は用なし 観光の目的はあるが説明の掲示板があったかな後方は
新頭首工と その向こうは第二東名高速道路矢作川橋の主塔の高
さは道路面から100m余 優雅な姿です
.
史跡文化財の旧頭首工(長七たたき)
堰は左岸(東側)の船通しから導水堤に向かってつながっていまし
た 新頭首工が出来たので建設省から撤去を命じられたが経費が
嵩む ので国の史跡文化財保護とて残しました 建設省の調整が
ないまま今日に至ってます 対岸の左の建屋は水源の事務所です
.
上の拡大図
長七たたき 人口石の構築です施工後105年になりますが健在で
石灰の塊りとは思えません 表面の花崗岩張りが強さです
対岸は水源地公園で桜の時期でした
.
.
船通しと進入口 豊田市水源地町
左岸に設けた船通しの閘門です大きさは記述との違和感がある.の
で川船は小型だったと印象しました すべてそうですが暴風雨や
洪水で何度も壊れ 修理中に壊されたこともありました
.
.
.
いっぱいあった水がどんどん来るうちに モグラの穴がそこらじゅうにあって どんどん漏っていつて
       いっぱい来たやつが この前まで来ると涙ほどになって そのうちに時間がきちゃう
隔番配水
隔番は 渇水時に通常に配水すると 各井筋とも下流部に水が届かなくなるのを考慮して 制限時間を
設けて井筋別に集中して配水し それを交代で行うことです
隔番と大隔番があり 隔番は井筋や小幹流の内輪で交互に灌漑することであり 大隔番は井筋単位で実
施することです 隔番は12時間制が一般で水の少ない時は24時間制にして 3日間隔番の話もあります
昭和42年(1967)6月は 大干ばつと言われ田植え時と合致したので 大隔番となりました
写真は大隔番で 東井筋を閉鎖して中井筋に集中配水
したところです 分岐点の水路上に鉄桁を橋渡しに固定
しその上流側に鉄矢板を立て並べて 漏水を防ぐため
に前面にビニシートを張ると言う前近代的な方法でした 
この時は25時間15分間を中井筋に配水 次に22時間45
分間を東井筋に配水する 合計で48時間のサイクルに  
しました
交代の度ごとに急流の中で鉄矢板を差し替えビニールを
張り替える危険な作業を行っていました
.
下の写真は現在の同分水所
この様にしても末端の耕地まで行き渡らず 途中の川からポンプで用水にくみ上げたり 欲水(水が少な
になっていないか 圦番(いりばん 見回り を大勢立てたりしました  違反の水田は 水止め の旗を立
てられて配水を止められる
開削当時の水路は土を掘って踏み固めただけなので 頭書のようにモグラの穴も無数にあり地中にしみ
こまれる量も多く 配水量の30%は漏水です そのころの記録に地下水が増えたと記事があるようです  
それがな、下はな 権利がないだな、 いっくら発言してもな、通やへんだ。
    上が多いだら、大体がまあ 吉浜と高取と西端がケツだけど、あとは全部上だもんだ。
頭首工改修2
昭和22年 1947年9月幹線改良事業は農林省の所轄になり 翌昭和23年3月連合国軍総司令官に水利
組合法の改正を 陳情し農林省には明治用水改良事業に 頭首工改良を組み入れるよう強力に働きかけ
もんちゃく の結果 各井筋上流部の石積み護岸工事後に 頭首工の改良が許可されました 
当時は食料増産は国を挙げて必須でした この地方の農業も同目的で頭首工の改善は重大要件です 
新頭首工は昭和25年 1950年 9月に着工され33年3月に完成したのです 
事業費は6億400万円で 国が60% 愛知県と土木改良区が各20%の負担でした 
昭和30年の公務員初任給 9.200円 44年経過 平成11年 市の同初任給 174.400円〜208.000円 
19倍-22.6倍 今は平成18年です .
第一樋門 取水口から一直線に矢作川を横断する
重力式水の力を自重で支える堰堤コンクリート造り
上部は巾3.6m長さ167mの一般の橋梁となっています
昭和35年以後に川床が下がるとか護岸が崩れるの
小規模の災害があったり矢作川堤防と共に頭首工も
危険な状態が生じたので応急処置のかたわら 
恒久策として 国営による大規模な事業とするよう
奔走の結果 53年から4年計画で 国営造成土地改
良施設整備事業で護床護岸扉の改造 魚道の改善 
頭首工 上と    沈砂池 下
予備ゲートの新設 水道局の共同事業を含めて大事業で15億2000万円をつぎ込む事業となり 
昭和57年に完了し現在の頭首工となりました 両側の魚道を通じて流れる水を除いて 矢作川の水を確
実に用水路に取り入れることが出来るようになったのです...
このページのトップへ
汚水と管水路
1 台地と弥厚 2 後継者と開削 3 頭首口の改修 5 環境整備 先頭に戻る
水路の改修
明治18年(1885)明治本流と 3井筋全般に補強工事を行ないその後も損傷の補修・復旧工事が続きました
大正2年(1923)には 東と中井筋の分岐点を人工石で護岸するなど 比較的多くの堤防改修工事を行い 
それ以後に県から全体の護岸工事を強調されたが 組合(土功会)は経費の都合で延期しなければならな
かったのです 
昭和7年(1932)9月の暴風雨で各井筋とも 堤防の破損が多く 人工石の護岸も壊れました 同年に県営
明治用水幹線改良事業が10年(15年とも)計画で着手され 水路をコンクリートにするほか 取水口の補強
等大改良を行う計画でしたが国や県のご都合で 計画は縮小され 工事も予定通り進みません 
昭和15〜16年から戦時体制で 資材が回らなくなり 県の事業では円滑に動けなくなったことから 組合
は新設の 農地開発営団の事業として工事の申請し 許可されました
経費は組合には負担が大きかった それでも不可欠の工事として取り組みましたが やがて資材も労力
もなくなり あまり進まないうちに終戦となり 22年営団は閉鎖しました
先の事業で3井筋の上流部が補強されたが、下流部や小幹流は素堀水路のままなので老朽化し配水途中
で多くの水量が失われました 下流では干ばつ被害が多くなり それを補う為に 低地を流れる川から
揚水します そのために電力料金やその他の維持費が毎年多額になりました (揚水機 49箇所50台)
昭和29年からは国営で明治用水下流部用悪水改良事業で 各井筋末端部や用悪水路 小幹流用水路の
改修工事が本格的に進められました 
用悪水路とは 用水(ようすい)明治用水から配水する水 悪水(あすい)は配水した水が水田を満たして
溢れた捨て水を反復利用で用水に戻す水  両水路を各井筋の中流部で合流させ水量をふやして 下流
部の干ばつ被害の対策とす.る工事です
印旛沼の もく取り 画像拝借 ほいで用水だかな 何だか解らんようになっちゃうだ モクがい
っばい生えちゃって 下流の方が手入れがえらかった
中には深い所もあるもんだ 腰ぐらいまで濡れるもんな
ほや まあ今の人にあんなことやれってたら 怒って誰も出て
来やへんわ
モク取りが悪いと 一升瓶をモクの中に沈めといて行くんだ 
今日は拾った とゆう時はきれいだ  一升瓶見つけんようだ
ったら やり方が そそい
.
もくは水草 もく取りは7日間か10日間隔で水路を掃除する仕事です (総代が酒の瓶をどこかに沈めて
掃除の励みにした)  そそい ==雑ですとか 大まか 下手の意の方言 この場合は手抜きも意味します
.用水の水が支障なく田をうるおすためには 用水路の整備が重要です 
この工事は 一部錬石(人口石)を除いて水路のほとんどを コンクリートの3面舗装(両壁と底部)で井筋・
小幹流に続いて小用水の改良工事が行はれ 高みにある水田には上流の 更に高い場所に分水口を設け
通常の潅水が出来るようにしたり 各分水口(837箇所)はゲートにして操作を容易にしたとか漏水がなく
なって配水効果が上がり 揚水ポンプの需要が半減するなど 水路の維持管理費や水の管理に使われた
労力を加えて大幅に節減できるようになりました  
本工事は 県営明治用水下流部用排水改良事業工事 として工事期間 昭和22年から43年まで 3井筋
の他用水用悪水の工事延長は 約70km  事業費11億8458万円を要しました
.
水遊びもできた
流れが速く事故もあったが 水場のない子供には打ってつけの遊
び場だったそうで 小学校の先生方も忙しかった事でしょう
所によっては小魚も取って遊んだ事でしょう
水もきれいだったのでしょうか 七夕祭には娘たちが連れ合って自
転車に乗って髪を洗いに来た との記録もあります 
.
分水口 
右の扉が開いて送水中 左が閉鎖されている
モーターが付いていて電気操作ができる
以前は人が川に入って鉄矢板を並べて漏れないように ナイロン
シートを張り付けた
.
ここから有蓋水路に
この先住宅が多くなる 水難事故防止と生活ごみの落ち込みを防
ぐために蓋をする
.
.
.
.
自動除塵機
水源から開水路で きたがここで塵を取って暗渠に入り分水する
.
.
.
.
用水汚染
用水開削以来のこの地方は優良農業地帯として発展してきましたが 都市化・工業化が進み 明治用水
も水質汚染に直面し 中流下流域の工場排水や生活排水が農業用水を汚濁するようになりました
汚濁物質は 油性流出70% 薬品流失10% その他は家畜
のし尿 合成洗剤 浄化槽の排水でした 
特に目立ったのは洗剤で用水 河川を問わず白い泡塊をもく
もくさせ 風で千切れて飛び散っていました
この汚水を油性や薬品と一緒に水田に配水したのです
水田では田植えをしても株分けせず 穂が出ても実が入らず
の害を 広範囲に及ぼしました 
用水以外の汚濁もあります 頭首工より上流の珪砂(ガラス・セメント・煉瓦の材料)採集による汚濁です 
珪砂は粒子が細かいので土に 混ざると水を通さなくなる害をもたらします 採集作業は水を利用する
らしく 常に汚染水を垂れ.流していました 
数多い害の中で一番騒がれたのは 昭和47年(1972)の刈谷市の水田(123f)カドミウム汚染で 低地に
あった田の死滅です 
カドミウム汚染で有名なのは昭和30年代の富山県神通川の汚染でイタイイタイ病でしょう 刈谷の場合
は 水産物ではないので人体えの影響は少なかったのです
対策は 客土(他の土を入れる)事業と同時に圃場整備(明治用水型)も行った結果 51年3月の完成まで
約16億円の費用で修復しました 水田は従前を上回る収穫に回復したのが何よりです
. 
昭和44年(1969)4月に 水質試験室を設置し 透明度・PHを始め23項目の分析し 明治用水だけでなく 
農政局や 県の機関からも受託して実施しました
 昭和44年9月には 「矢作川沿岸水質保全対策協議会」を発足させました 国が防止法施行する前で
まだ 強制力のないことから 水質汚濁防止の世論つくりのためにマスコミに働きかけました
東海テレビ・NHKテレビ・中日新聞・朝日新聞の協力で汚水を流す工場を放映したり 新聞記者同伴で各団体
が交代で パトロールして業者の良識に訴え 悪質な業者への圧力として あるいは一般住民に意識向上
としてマスコミも積極的.に協力してくれました
悪質な業者は  人目をかわして夜間に汚染物を放出するのでパトロールも新聞記者の同行を含めて昼夜
兼行です 業者と石の投げあいも何度かあったそうです  いろんな層が協議会に参加しているが 名
前で目立つのは 「一色町若妻会」でした    老妻会はありません
.
昭和46年(1971)6月 「水質汚染防止法」が施工され 協議会はパトロール体制の充実を図るとともに 
愛知県警察本部保安課に対して 違反業者の取り締まりを要請し 警告を無視してきた3業者を協議会
会長名で告発しました 
3業者は 摘発の全国第一号となり それ以後 他の業者も排水処理に協力するようになりました.
.
地下管水路
明治用水は 農業用水が目的で開削され 供給だけの水路でした しばらくして反復水も取り入れるこ
とで 用悪水路と呼ばれましたが その頃はまだ水田には悪影響はなかったのです  
昭和35年ごろから都市化・工業化が進むにつれて 汚水の排水路ともなり用水路は農業災害の元凶となり
ました 用水と悪水の水路の分離が必至となり 昭和45年(1970)「国営矢作川総合農業水利事業」とし
て 改修を始めました
頭首工から自動除塵機のある広美町まで開渠です 途中の街中は水難防止 異物投棄防止ために蓋板
水路があります 広美町で高さ 3m巾3m×2の暗渠になり 西井筋への分水口は暗渠の中です 分水
して現在は2.2mのパイプで里町・上重原・新刈谷駅を経て逢妻川に流します
開渠を4km流れて(当時) 明治川神社・国道1号線の少し南の曲尺手で中井筋・東井筋に分かれます
中井筋は 3.2mのパイプで安城・刈谷・高浜・碧南の衣浦港に流れ
東井筋は 2.4mのパイプで安城市役所の西をとおり途中矢作川の地下5mを1.2mのパイプで横断して西
尾市に分水する水門もあり その他は新渡場の米津橋のところで鹿乗川に合流します昭和50年以後に
地下パイプの改修を行い パイプ径も2400cmの大きさから流域に合わせて50cmまでPCコンクリートに
替えました 地震被害に対応しにくい箇所もあり路線変更も含めて 平成6年(1994)から「国営新矢作
川用水農業水利事業」として水路を改修しました    
PC= 工場で成型された鉄筋コンクリート  略プレコン  
一番末端の水路は住宅地道路(生活道路)の巾30cm程の側溝です 側溝の上流に用水のバルブがあり
必要なときだけ通水します 中干しの時や秋の刈り取り以後は空壕りです 管水路上のせせらぎのよう
に 利用する予定はありません. 
管でやるてゆうと、上の草は地元で刈るてゆう条件だで、やい、わすれるなょ てって。 
5年もすぎるてゆうと、どこを流れとるかも、知らんくなる。草刈ることと、水を引くことと、あんまり
関係がなくなっちゃう 草なんか生えとっても水は出てくる。
どうゆう結果が出てくるかなあと、分かやへんだ、 ほや 分からんは。
.いまじぶん地元で草刈る人なんかおやへんは、マンションだかなんだかいっぱい出来て
ほいで用水の名前も分やへんだで。
このページのトップへ
5 環境整備
1 台地と弥厚 2 後継者と開削 3 頭首口の改修 4 汚染と管水路 先頭にもどる
用水地上部の利用
明治用水のほとんどが 暗渠化・パイプライン化されて明治用水の姿は見えなくなっています 
水路上部は自転車道・緑道・せせらぎや 親水公園にと地域住民の意向を取り入れた形で作られています
小さい図は安城桜井の西側付近の想像図です上の川は追田悪水おだあすいで 地中の丸は管水路です
道路は自転車.歩行兼用道です
歩行者道はランニングやウオーキングに 毎年市民マラソンにも利用 自転車道は通学路にも利用します 
流水を学校内に引き込んで 水性動物観察とか教材に利用されたり 町内にホタルの生息地を作ったり 
植え込みの中に 安らぎの池を作ったり 水のある風景で情緒を広めています
用水路上の景色の一部
..............
自転車道 水車公園 遊歩道 親水公園
圃場の整備
膨大な費用を投入してきた明治用水の平成14年度の 水路総延長は405,218.6mでありその内
管水路は12,909.2mとなり 受益面積は6,084.6ヘクタールです 
文政10年(1826)都築弥厚が「三河国碧海郡新開一件願書」に盛り込まれた受益面積は4,200haでした
井筋の規模も違い 通水方法も当時は考えられない変革となり 弥厚さんの用水は成長しました
..
昭和40年頃から国の土地改良事業によって 大規模で大型機械の導入を考慮した大区画ほ場整備を実施
しました
1耕区は 短辺側を30m 長辺側を100m 面積30アールとし 10耕区で 1ほ区 2ほ区をもって1農区6ヘク
タールを標準としています。 短辺側に管水路を通して バルブ操作で必要量の取水が出来ます 
要領は上水道と同じです
この圃場整備に対する農家の評価は大多数が満足でした 資金面で農家に負担が掛らなかったのが大きな
要因.でしょう
区画 へのリンク制
    i.   農区制 「6ヘクタール制」
 1 農区は 2 ほ区
 2 ほ区  1 ほ区×2
 1 ほ区 30m×100m×10=300u
.
単区画ごとに取水弁と排水口が
あり 取水弁までは常時水が通
っている
.
上記圃区の周囲に巾4m-7mの幹線道路・耕作道路があります 将来 宅地化も考慮した区割と道路です
取入口バルブ  分水枡
地形の高低差で流れてきたものが バルブを開けると きれ
いな水が噴き出てきます
他の田の都合を伺はなくても自分本位でつかえます
.
排水口
排水は堰板の高さで調整できて いつも一定の水位が確保で
きます
.
.
.
モデル地区の整備前の圃場の状態で
.
高地の田を満たせた 余分の水が順に低地の田えと
送られて来ることになり低地では待つばかりです
.
小さい田が勝手放題にあって細いあぜ道では 車も
入れない それぞれ管理のやり方も変わります
.
整備後の状態です
.
取水口と排水口が田ごとにあるので 水利は自由とな
り大型機や運搬車が農道を利用することで時間と労力
の減数が大きく専業農家でなくてもよいことになりま
した
.
.
  工場進出等で 農業離れが普通になって 大型機を駆使できる代行業者に委託できるようになり さらに変化した
  生産様式も見えます
涵養林
水を使う者は水を作れ の信条のもと 
矢作川関係者は早くから 上流の水源涵養に関心を持ち明治41年1908年 東加茂郡下山村の山林地上権の
契約を結び大字(おおあざ)羽布の造林地の植林を行い 大正3年1914年大規な造林事業に乗り出しました
長野県下伊那郡根羽村の山林525町歩--521ヘクタール実測559
ヘクタールを買収して植林するものですが 涵養水を摂理として
会得できずに山と川とは別物として反対が多かったのです 
管理組合は 基本財産構成の目的 と名目を変えて提案しそれ
を可決して植林を始めました 
その後も管理範囲を広げましたが 羽布ダムで水没した分が農
林省の管轄になったりして変動があり 平成14年の公布物では
524.68ヘクタールで 造林地名に 根羽.平谷.有間.小渡.羽布が
根羽造林地    あり 植林の樹木名では 杉.桧.唐松.黒松の他に雑木があります
昭和43年中部日本治山治水連盟の造林コンクールで優良造林地公有林の部で3位入賞の栄誉を受けました
わが国のような地形と気候では降雨量の多寡で川の水量がいちじるしく変化し 水不足だったり 洪水で
あったりその都度人の生活に影響を与えます 涵養林は陸地のダムといわれるように 降雨時には水を貯
えて土砂の流出  崩壊を防ぎ渇水時にも用水にかなりの水量を供給するのに役立っています 
その意味でも 貴重な水の財産とゆうべきでしょう
明治川神社
明治川神社 伊佐雄社
明治13年1880年12月創建され明治用水と旧東海道の交差する所で最も目立つ場所を選んで建てました
ご神体は 上倉池の狐島に弁財天を祀った厳島社があり 土地の人に 水神さん と呼ばれて敬はれて
きたのを新たに お社を設けて勧請し奉ったのです (弁財天は河川の神様でもあります) 
後の明治18年1885年4月県知事から-無格社-として公認されたが その時の昇格請願書には明治川神社
と始めて記名されました それ以前のこの神社名はありません
--無格社は 格がない とゆう意味でなく そのような格式の名称です 伊勢の猿田彦神社も同じです--
.    現在の神社等級は4級とのことです
祭神は 大水上祖神 みくまりのおやのかみ  水分神 みくまりのかみ  高?神 たかおかのかみ の 
3 柱の水の神様と 用水開削功労者の都築弥厚・伊予田与八郎・岡本兵松・西沢真蔵の7柱 
傍らの伊佐雄社には 田中勘七郎・本田寛三郎・加藤太兵衛 中根祐・木藤八三郎・黒宮許三郎 はじめ11柱
が開削協力者として祭られています 
この中には存命中に神に祭られる極めて稀な神さまもあり それは地域の人たちが用水開削の功労者とし
て偉大な尊敬を集めた表れだといえます
明治22年1889年11月 伊与田与八郎は明治川神社の祠掌を務める事に決められました 
伊与田は発起人であるが出資者達も すっかり経済的に苦しくなつていました 受益地の地主たちが見か
ねて救助を協議して伊与田を神職に推薦し県庁が認めたのです 伊与田は抵当に取られていた屋敷から
離れて神社の端に住むようになり 神職として自分を祭ることになりました 
明治36年(1902)に第一回の大改造が行はれ 神社の格式の昇進願いの運動をおこし 無格式社から--
県社加列請願書--を提出したが受けられず 郷社と認められました
..
. 今 神社は森の木々をそびえさせてお社を覆い 
たいこ橋の架かったお堀には明治用水の澄んだ水
を絶え間なく流し 相たいした2つの田植え石--
田植えをしている姿の石--に風情を送っています
.
たいこ橋の左右の掘に田植え石があります
.
長々と お疲れのことでございましょう ありがとうございました