ね ぎ 案内
定植は2本1株です 大きさの似通ったものを1株とします
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種蒔 定植 転植 収穫
土つくり  苦土石灰 3/10
苦土石灰を 120cc-150cc/u 鋤き込みます
.
堆肥 肥料 3/20
堆肥 3kg/u 化成肥料 8:8:8-100cc/u を鋤き込みます
.
種蒔 4/1
畝の表面を凹凸ないように平滑に仕あげます
凹凸は水分の不平等を作ります
.
蒔き溝を作る
支柱棒を利用して 条間を 7-8cm  深さ 5-6mmの溝を作ります
.
種蒔
種の発芽率は70%です
種は厚めに蒔いた方が苗の育ちがいいのです 間引きで調整するので多い目に撒きます
.
覆土
被せる土の量は種がやっと隠れる程度でいいのです
好光性と言って明るいのがいいのです
.
鎮圧
土の上から 手のひらで軽く押さえつけます  土と種を密着させて水の渡りがいいようにするのです
.
被覆する
水やりで土や種が流れないように 水分の蒸発を防ぐために種を蒔いた土の上からモミガラ等を置いて静かに水をやります
次回からの目印にもなります
巾広くより深くとどくようにやります
.
紗を張る
モミガラ等が飛び散らないように紗か不織布を置いて防ぎます
.
延び代を作る
芽が延びてくると紗につかえるのて畝の両肩に角材等を置いて空間を作ります
.
間引き
最終の1本立ちで苗間が10ミリ-12ミリになるように心がけて間引きます 
苗長さが5-6センチで群がった所を 1列にします 7-8センチで1センチのなかで2-3本残しで 苗長 10センチで丈夫な 苗を1本残しにします
間引きの度にふるいで細かい土を落として土寄せをします
.
液肥と灌水
希釈率を2倍の薄い液肥を水やりを兼ねて条間に苗に掛らないようにやります
.
施肥
苗が丈夫なのを見極めて 化成肥料8:8:8を条間の長さ 50センチで50粒ぐらいやります。 
葉ネギは基本的には元肥だけで生育しますが、萎れた場合には肥糧をやります。
.
定植 6/1
苗が小さいと気になる場合は7日-10日遅らせてもいいですが 小さくても立派に成長します
土つくりは種蒔と同じです
2列植えの場合 条間20センチ 株間10センチにします
太さ2センチほどの棒を3センチぐらい差し込んで植穴を作っておきます
.
植える
苗取は事前に水を撒いて土を柔らかくして なお移植こて等で土を動かせて根が切れないように用心して抜きます
2本ずつ植えます 左図のように大きさの違いすぎる取り合わせは 小さいほうが育ちません大きくても小さくても同じような取り合わせにします
根を全部穴に入れて軸は2センチぐらい埋まるといいです
.
水やり
根が付くまでは水切れのないようにやり 根が付いた後は 土か乾くとやります
条間に藁や堆肥を遮蔽物としてもよいです
.
追肥
原則的には 元肥だけで育てますが、しおれたりしたときには条間に化成肥料8:8:8を30cc/uをバラマキます。
.
中耕
水やりや 雨降りで畝土の表面が硬くなって 目詰まりしています 畝土に通気が出来ないです 畝の形も崩れています
土中の白い根を切らなように固くなった土を削って細かく砕いて株元に戻します 形も考えたきれいな畝に仕立てます
.
転植 9/1
定植と同じ要領で土つくりし植え替えます
寒冷期には条間に切藁や堆肥を置いてやるといいです
.
薬剤散布
葉に白い斑点が出たり 折れ口から病菌が入り込むことがあるようです アブラムシが付くこともあります
ダコニールとマラソンを2-3回散布します
ページのトツプえ