だ い こ ん 案内
岐根に注意 畝の中に堅いものを入れないように  小石等あったら排除する
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植付 収穫
土造り石灰を入れる
8/10   1u当り 80ccを入れて全体に鋤き込みます
たくさん入れても効果はありません
畝巾は60cmとします
.
堆肥肥料を入れる
8/20   堆肥1u当り 3kg と化成肥料 8:8:8-100ccを入れてよく鋤き込みます
堆肥に堅い物が混じっていると岐根になります ふるい分けるとか他の堆肥に替えるかします
.
よく混ぜる
少し高めの畝がいいでしょう
堅い土や小石が あると岐根になります 見つけ次第に排除します
.
種を蒔く
株間25cm〜30cm 条間25cmにします  千鳥でもいいです
.
位置を決める
種を撒く位置をきめます
株間の距離を考えて ジュース等の空き缶の底で(5〜6cm )株間が円の中央になるように1cmの深さに押し込みます
.
種を蒔く
円の縁に沿って等間隔に 5粒蒔きます
撒いた5〜6mmの土を被せ手の平で軽く押さえて(鎮圧)土と種がつながるようにします 水回りがよくなるのです
後にモミガラ乗せて水分の蒸発を制限し後の水遣りの目印にします
.
水をやる
如雨露のハス口を上にしてゆるい角度でモミガラや種が流れないように水を掛けます

紗をきせてモミガラの飛散を防ぎます
根が付くまでは乾かせません
.
防鳥網
種を野鳥に取られないように網を晴れります
網でなくても紐で゜もいいのです15cmの網目であれば防げます
.
間引く
本葉2〜3枚で 3本に 本葉4〜5枚で2本に 6〜7枚で1本立ちにします
小さい元気のないもの 大きすぎるものを抜捨てがっちりとしたものを残します
小葉のハート形がくっきりしたのがいいとか
間引きの度に薄めの液肥をやり土寄せをします
..
追肥
種蒔から25日ぐらいで両方の畝肩の株間に化成肥料8:8:8-20ccを浅く埋めます
.
岐根
肥料に当たると岐根になります 
.
追肥
元肥を入れなかった場合 種蒔のすぐ後に条間の真ん中の株間に8:8:8-20ccを浅く埋めます
.
追肥
だいこんが太り出した時に両肩の株間に8:8:8-20ccをやり
次の20日ぐらいで畝肩から下がった所に同量を施肥します
施肥は畝間の谷に撒いても効果があります
.
中耕と土寄せ
だいこんが太り出してから2〜3回 中耕して株元に土寄せします
中耕とは堅くなった畝の土の表面を浅く削って細かく砕いて再度畝に戻すことです
畝中の通気がよくなり 根の働きが活発になって地上の物がよく育つのです
.
薬剤散布
害虫の付かない作物はありません
アブラムシは油断すると葉に群がって付いて養分を吸い取るので葉が疲れます この虫は薬剤に弱いので退治しやすいです
生きた体にかかると  ころり ですが卵の状態には薬剤効果はありません 3〜4日で羽化するので5日ぐらいの経過をみて虫が見えたらもう一度散布しま
病気 モザイク病  虫にアブラムシ アオムシが多いようです
ダコニールとマラソンがいいようです
.
活ける
取り残しだ もの は空いた畝の真ん中に溝を掘り 葉っぱを切り取った だいこんを斜めに寝かせて首だけ地上に出して土で埋めるとしばらくは元気で保存できます
2週間貯蔵した経験がありますが もう少し頑張れるように思いました
.
ページのトップえ